ブログ2周年のお礼と橘玲著 「無理ゲー社会」

ブログ

ブログを書き始めて2年が過ぎました。 

まずは訪れてくださった方々に感謝申し上げます。 

 

ブログを見るとき、AdSenseの広告って邪魔ですよね。 

私もそう思うんですが、すみません、訪問数など記録してくれて便利なのです。 

皆様のクリックでの収益はこの1年で681円でございました。 

 

昨年の1周年時は173円の収益だったので、大躍進と言えますねw 

アフィリエイトを貼っているけど雀の涙だし、 

当然経費を賄えず大赤字です。 

それでもサーバー更新の手続き済ませました。ブログ継続! 

文章を作ることでいい刺激をもらえる、 

アウトプットは最高の脳トレなので。 

 

そう思うものの、ここしばらく更新できませんでした。 

橘玲さんの「無理ゲー社会」を読んでいて 

格差社会について考えていたのだけど、 

世界の風潮がワクチンと反ワクチンとで分裂していくのを感じ、 

ここでも格差が生まれて 

未接種者が弾圧されていく様で恐怖していました。 

第三次世界大戦だという表現を見たけど、まさに。 

 

自分の職場は接種の強調圧力など無かったのに 

同僚は治験中のワクチンをつぎつぎに接種。 

 

自分は漠然とした不安から接種予約を迷っていて、 

その間に正しい意見を発信されている方から情報を得ることができた。 

 

よくないものを身体に入れてしまって、 

今後同僚は健康の不安に悩まされることになるのか、 

身内は、我が子は守ったけど他の大人は打ってしまった。 

止められなかった。 

親しい人みんなが早く逝っちゃうの? 

そんな暗澹たる気持ちでブログどころではなかった。 

 

つい最近、接種推奨派の雲行きが変わってきたように感じます。 

圧力が弱くなってきた。 

急に潮目が変わった。 

これまで未接種が避難されてきたが、真逆になるのでは。 

これでまた分裂、格差が生まれるのか。 

 

恐ろしい気持ち。 

無理ゲー社会に書かれていた 

才能のある人と無い人との格差も救われない思いだったが、 

その上感染症による分断。 

 

ずっと暗い気持ちでいたのだけど、 

同僚を見ていても今のところは健康被害もなさそうだし、 

家族も元気だ。 

急激に体調不良におちいるわけでもないみたい。 

 

大きな流れに不信感を持ちつつも、 

その中で楽しいことを数えて生きていかないとね。 

過ごしやすい季節がきたのと同時に気持ちが強くなってきました。 

心身ともに健康を意識していこう。 

 

というわけで、楽しいことを記録していくブログをこころがけます。 

よろしければお付き合いください。 

無理ゲー社会(小学館新書)

コメント

タイトルとURLをコピーしました