片田 珠美著「他人を攻撃せずにはいられない人」レビュー

読書

Amazon Prime Readingにて提供されていたこちら、

「他人を攻撃せずにはいられない人」を読んでみました。

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

「攻撃せずにいられない人」のタイトルから、

これまで出会った中での

いくつかの顔が浮かび、

イヤ~な気持ちが再燃するのを抑えつつも、

興味深く読むことができました。

 

攻撃的な人を事例とともに分類してあります。

 

<攻撃的な人>

強い自己愛

強い支配欲

劣等感からくる他人への羨望。

利害が絡むことにより、他人を陥れようと企んでいる。

 

加えて、

<攻撃されやすい人>

自分に自信がない、自己肯定感が低い特徴がある。

 

攻撃される側のことが多い自分、

それがなぜなのか納得できる部分が多かった。

 

身近な肉親である父が攻撃的な人で、

「女はバカだ」という偏見を持ち、

「女は黙ってろ」「お前はいいんだ」と

母や私、妹を見下す発言ばかりしてきました。

 

そんな環境で育っては自信などつくわけがない。

威圧的な人を前にすると

妙にオドオドしてしまう自分なのは、

幼少期の環境があったのだなあ、と。

 

では攻撃的な人にはどのように対処するか。

それがとても残念なことに、

攻撃的な人につける薬は無いようなのです。

 

よく相手を観察し、

何を恐れているのか、

何に対して劣等感を抱いているのか。

 

それを知ることでこちらが受ける恐怖をやわらげることができる。

そして、距離を取る。

 

私は攻撃的な同僚から逃げるために

シフトを変更し、会わないようにしました。

一度はやめようとまで思った職場でしたが、

その後長く働けています。

 

攻撃的な人が理解してくれることなどない。

歩み寄ろうなんて考えないこと。

 

私は1年間、考えを変えてもらえたらと、

その同僚にきわめて丁重に接しましたが、

まったくのムダでした。

距離を置いて正解。

 

そして、自己評価の低いところを変えていきたいなぁ。

もういいトシだけど、このトシで気づけて良かった。

まずはていねいに生活していこう。

 

わが子の自己肯定感を下げることの無いよう、

気を付けていこうとも思えたし、

様々な気づきをくれた良書でした。

[図解]他人を攻撃せずにはいられない人 職場、家庭の困った人から身を守る処方箋40

(図解イラスト版もありました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました