Official髭男dism Road to 「one – man tour 2021-2022」参戦

エンタメ

2021年6月24日、ぴあアリーナMMで催された

Official髭男dismライブ

Road to 「one – man tour 2021-2022」に参戦してきました。

なるべくネタバレを避けてレビューしたいので、

単に個人的感情を綴ったものになってます。

この日の模様はオンライン配信されますので、

そちらを楽しみになさってください。

 

ぴあアリーナMMへ行くのは初めて。

ライブ数日前にスマートフォンにチケットが配信されて、

見たらがっかりの4階席。

最前列なのはいいが、

豆粒なメンバーを観にいくことになるのかと落胆。

でも実際は豆粒よりマシで、

マッチ棒(若者はイメージできないわね)いや、

たばこサイズくらいには見えました。

表情までは見えずモニターと実物を交互に観ながら楽しみましたよ。

 

これまで、ステージまでの見通しがいい

横浜アリーナが一番好きな会場でしたが、

横アリは17,000人収容、ぴあアリーナMMは10,000人。

会場自体がコンパクトで、横アリよりステージが近い。

いい会場でした。

 

座席は感染症予防の規定で1つ置き。

早く通常に戻ればいいと思いつつ、

間隔が空いているので気楽でした。

その分チケット当選の確率は半分なので、よく当選したなあ、と。

 

翌朝の情報番組で映像が流れていましたが、

メンバーの衣装はシャツスタイル。

ヒゲダンさん、ライブ時のスタイルはいつもオシャレ。

聡さんはふわふわの無造作ヘアでスタートしましたが、

ファンの皆さんならご想像できるでしょう、

後ほど風呂上がり感満載ヘアになっておりました。

 

主婦には嬉しい昼公演でしたが、

昼夜2回公演のこの日。

このあと夜公演が控えているとは思えないほどの熱唱。

身体が楽器な聡さん。

いつもながらですが、渾身の、魂の歌声に圧倒されました。

 

4階席でも低音が身体の芯に響き、それが心地よく、

生音の感動に終始涙を我慢しながら観て聴きました。

4階最前列は安全面から立ち上がることはNGで、

座った状態で手拍子のみのエア声援でしたが

それでも身体が熱くなったなあ。

 

1年4ヶ月ぶりの有観客ライブだったそうで、

(私が以前レビューしたライブあたりが最後か)

メンバーの溜まりまくったエネルギーが爆発しておりました。

 

自分がヒゲダンに沼落ちした曲が披露されたのが

個人的クライマックスでした。ホント泣くわ。

 

聡さんのMCも熱くて、お上手で

もうベテランの域ですね。

さんざん煽ってくれて、

ずっとついていきますー!

って気持ちが高まった次第。

 

夜公演では新しいアルバムリリース発表!

【Amazon.co.jp限定】Editorial (CD Blu-ray)(オリジナル巾着付)

【楽天ブックス限定先着特典】【楽天ブックス限定 配送パック(ポスト投函サイズ)】Editorial (CD+Blu-ray)(クリアポーチ) [ Official髭男dism ]

 

ライブでのメンバー、サポートメンバーの皆さんの表情も格別でした。

ご参加できなかった皆様、

ぜひ、Onlineライブで確認なさってください。

オンラインライブ『Official髭男dism Road to 「one – man tour 2021-2022」

ぴあアリーナMMでのライブを収録した模様を

2021年7月10日(土)20時からオンライン配信。

コメント

タイトルとURLをコピーしました