映画「えんとつ町のプペル」鑑賞レビュー

エンタメ

映画「えんとつ町のプペル」を観てきました。

後半は涙がハラハラと流れ止まらず。

嗚咽になりそうなところをグッと堪え、鑑賞。

 

何にそんなに共鳴しているのか、

自分の感情を整理できず、数日たちました。

 

煙に覆われたえんとつ町に

勇気ある主人公が風穴を開けるストーリー。

そう聞くと子ども向けのように感じるけど、

実は大人が観ても刺さる部分が多くて。

 

えんとつ町を覆う

もっくもくの黒い雲。

ひどい閉塞感、なんとなく今の日本のような。

 

ねたみ、そねみ、忖度。

頑張る人を引きずり落そうとするような空気が、

テレビのワイドショーや週刊誌、SNSで

特定の個人をトコトン叩く風潮に重なりました。

 

どんよりした煙の中、夢を諦めない少年とゴミ人間。

大多数を敵に廻した人を支援するのって怖いのに、

そんな二人を信じてくれる人がいる。

 

優しくて強い人たちにさらに勇気をもらって、

ルビッチとプペルが世界を変える。

夢をかなえる瞬間を目撃できた感動、

私の中で一番の感情はこれだったのか。

 

原作者の西野亮廣さんのこれまでとも重なった。

困難を乗り越えて、

すばらしい映画を公開されたという事実も感動の理由。

 

感動ポイントはもっとたくさんあるのだが、

ひとつひとつ解析するには

また映画を観る必要がありそう。

 

子どもだけではない

大のおとなが心揺さぶられる物語。

これまでのアニメとは一線を画すエンターテインメント。

ぜひ体験されることをお勧めします。

 

エンタメ
スポンサーリンク
toumorikoをフォローする
gokigen-blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました