鈴木 祐著「不良長寿メソッド」追加で感想。プチ断食しても胸キープ?

健康

前回、

鈴木 祐著「不老長寿メソッド」を読んで

運動とプチ断食を実践し始めたことを書きました。

鈴木 祐著「不老長寿メソッド」感想。運動と、プチ断食。

 

不老長寿を目指して努力すること10日くらい。

プチ断食で昼食を抜き、

(禁をおかして夕方プロテイン飲んだりしてますが)

一応、1日2食生活。

 

体重はまったく変化なし!

コロナ自粛でパート先が不況。

勤務時間を減らされカロリー消費が

減ったせいもあるかと思われます。

 

昼抜きの空腹の反動で、

夕飯を食べすぎているのもあるなあ。

 

ですが、それでも感じられるメリットがある。

それは頭がクリアになった感じがすること。

動作も機敏に。

 

断食紹介動画で、

断食のメリットとして

頭がスッキリして回転が速くなるとあったけど、

本当にそう感じる。

これまで1日に3食摂っていたことが悔やまれるわ。

 

と、ダイエットには繋がってないが、

いい感じなプチ断食。

アンチエイジングの効果を感じられるのは

まだ先だろうけど、続けていきたい。

 

ですが、ここでちょっと感じたことがある。

 

知り合いで、

食事回数を減らしている人が3名いる。

30代男性1名と

50代女性2名。

 

 

30代の男性は1日1食、

外見もスリムだが痩せすぎてもいないし、健康そう。

 

ただ同世代の50代女性2名、

一人は1日1食。

もう一人は

「不老長寿メソッド」にある通りの

1日16時間の断食を週に3、4日やっている。

 

この女性たち、

動作はシャキっとしていて若々しいのだけど、

体形がとにかく細い、華奢。丸みが無い。

 

日本には細い方ががイイって空気があるけど、

私は女性は女性らしい体形がイイよね、って思う。

痩せても、胸、お尻のふくらみはキープしたい。

 

でも断食を頑張った末路は

女性らしさのない枯れ木のような体形?

知り合い二人は筋力も落ちてくる年齢なのも関係しているのか?

同世代だけに、なんかイヤだなあ。

(大変失礼でごめん)

 

なんてことを考えて、何か解決策はないものかと探していたら。

ありがとうございます。ありました。

前回もリンクを貼らせていただいた

メンタリストDaigoさんのブログ、

Mentalist DaiGo Official Blog。

 

その中にこんなトピックが。

お腹と足だけ痩せる最新の断食法【バストや筋肉は減らない】

Daigoさん、グッドタイミング過ぎ!

 

 

こちらでは、

IPF(インターミッテント・パーシャル・ファスティング)

呼ばれる断食テクニックを紹介されていて、

 

ほぼ体脂肪だけが減り、

特にお腹周りや足の脂肪が落ちて

筋肉はほとんど落ちない

夢みたいな断食法。

週のうち3日間は1日の必要カロリーから30〜40%マイナスした食事をする

ってこれだけ。

 

注意点として、

プチ断食を行う日は最低でも体重1 kg あたり1 g 以上のタンパク質は摂る。

 

胸が痩せないのはいいよ~、

お腹周りより先に胸が痩せるのは

女性ダイエッター共通の悩みだもの、

それが解決できるなんて画期的。

 

となると、

私がやっている、1日2食、昼食抜きのプチ断食もどき、

これ案外正解なのかも。

1日の摂取カロリーがざっくり3割減らせていることになるし、

夕方、空腹に耐えかねて飲むプロテイン、

これも合っているのかもしれない。

 

プチ断食は色々なやり方が提案されていますが、

その中でも自分に合うやり方を探していく感じでしょうか。

 

私は、今やっている昼食抜き12時間のプチ断食で

頭すっきり、内蔵快調、気分爽快。

なのでしばらく続けて様子をみたいと思います。

 

1日3食って固定観念から解き放たれる快感、

周囲にもおススメしていくつもり。

不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になる

新品価格
¥1,485から
(2021/2/28 23:44時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました