iPad Pro11インチか12.9か…両方買っちゃえ。 

iPad

Apple社のPC、Macintoshにハマったのは30年ほど前。 

書類を捨てると太るキュートなゴミ箱アイコンに惚れました。 

 

その後お高いApple製品とは疎遠になっていましたが、

iPodを買ったのがきっかけで、Apple沼に再ドボン。 

やっぱいいよ〜、特にiPhone、iPad、MacBookの三種の神器の連携がいい。 

 

特にiPadが好き。 

文字を書くこと=発散なので、 いつも近くにiPad。 

2020年発売のiPad Pro11インチを新品で買って愛用していましたが、 

子どもの無印iPad第6世代が古くなったため、 

私のiPadProをお下がりして、 

自分は今年の初売りセールでM1iPad Pro11を手に入れました。 

 

フツーの主婦に最新高性能のiPadがいるのか、 

使いこなせるのか。 

いや愚問。好きだからいいものを買いたい。それだけ(汗。

 

もちろん日々触れていて、 

お絵かき、読書、雑誌閲覧、英語学習。 

モーニングページやゼロ秒思考のトレーニングに使ったり。 

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ゼロ秒思考

ここでちょっと不満点。 

画面がもうちょっと大きければ、楽譜表示に最適なのに、と。 

 

ピアノは独学で、まだまだ初心者の域。 

譜面も簡単だから11インチでも読めるのだけど、 

少々見づらい。 

 

iPad Pro12.9インチの購入を考えたが、 

高いね〜。 

MacBook Airの画面が縦表示ができたらいいのに、とか。 

無印iPadで大画面出してくれないか、とか。 

色々モヤモヤしました。 

 

買うなら最新のモノが欲しいが、 

12.9は大きくて持て余した、という意見もたまに目にするので 

今回はお試し購入。 

Appleの整備品ページで一番安価な2018年モデルをポチ。 

 

整備品はすぐ届くのがいいですね、 

翌日配送、さっそく開封。 

 

中古とは言え、傷ひとつないきれいな筐体。 

ありがたい、信頼のApple。 

そして、12.9インチを手にしたファーストインプレッション。 

大きいから覚悟して!って言ってる動画やブログを見てたけど、 

さほど大きく感じない。 

これは意外。 

 

私は普段から大荷物が苦にならないヒトで、 

心配性ゆえあれこれ持ち歩いているのだが、 

12.9インチを持ち出して外で作業とかもイケそう。 

 

楽譜表示も予想通りいい。 

特に雑誌の閲覧が快適すぎて嬉し泣き。 

雑誌は11インチだと縦表示でも、 

本文を読むには拡大しないといけなかった。 

ただ画像を眺めることが多くなっていたが、 

これからはパッと開いてすぐ読める。 

 

IPadの画面サイズ観は人それぞれだけど、 

迷ったら「両方買っちゃえ」。 

 

複数あっても使い分けに困るかな。 

自分は、 

11インチは家と外出時の移動用、 

12.9インチは机に据え置き。 

そしていつかはiPadminiを街歩き用に買おうと思っていたけど、 

12.9を手にして考えが変わりました。 

11インチが小さく見えてきて、 

この子を街歩きのお供にしようと思います。 

斜めがけバッグにiPad11インチを入れて、 

知らない街探検にでかけよう。 

バッグが小さい女性は、11インチでは大きいですね。 

それは人それぞれ、お好みで。 

 

今年ぜいたくに2枚もiPadを買っちゃったけど、 

もっと早く2台持ちにしておけばよかった。

 

私の使い方だと、2018年モデルでもM1iPadと使用感が変わりません。 

最新にこだわっていたけど、 

動画編集など重い作業をしないなら、 

旧モデルのiPadを2枚揃えるのもいい。 

2枚買うのはちょっと…な方は中間を取って11インチをオススメします。

 

OZmagazine (オズマガジン) 2022年 02月号 [雑誌]

この雑誌を見ておでかけ。 

遠出しなくても近場で楽しむヒント満載。 

 

Spigen PaperTouch Pro フィルム iPad Pro 12.9 2020、2018 用 紙のような描き心地 貼り付けキット付き iPad Pro 12.9 インチ 2020 対応 アンチグレア 反射防止 さらさら 液晶保護フィルム 1枚入

この画面保護フィルム、書き味最高。 

貼る際のガイドもしっかりしていて、 

初めて気泡ゼロで貼れました。

気に入って11インチも貼り替え。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました