送金したはずが、入金されない。資金が行方不明。

日常

ひとまず解決したので、書いておきます。

銀行から証券会社の口座へ資金を移動したら、

PCの操作途中でエラーが発生し資金が消えてしまいました。

初夏の怪談。

以外詳細、対策、雑感。

 

トラブル発生

1日のバタバタが終わった平日20時ごろ、

証券会社の即時入金サービスを使って、

銀行口座から証券へ送金しました。

PCでの操作は何度かやっていたから、

簡単な手順どおりやれば間違いない。

ところが操作途中でエラー表示。

 

これまでも

銀行サイトでログインしようとすると

セキュリティソフトの決済保護画面が立ち上がり、

操作が進まないことがあり、

最近では決済保護機能オフにして利用していたが

今回はうっかり忘れ、そのまま操作。

 

最後のスマートフォンを使った認証を許可したところで

パソコン画面にエラー表示。

(正確な文言を忘れてしまったけど、「実行できませんでした」といったメッセージ)

送金ができなかったと思い、

再度、決済保護をオフにして操作、無事送金。

このあと銀行口座を確認したところ、

2回証券口座に送金されていました。

なのに、証券には1回分しか入っていません。

PC上でエラーとなった操作が、

銀行側では完遂、証券では未遂。

私の虎の子がなくなった…!ボーゼン!

 

解決までの経緯

翌日、銀行のコールセンターに問合せました。

ですが、先に証券へ問合せてほしいと言われ、

即証券に電話をかけたかったのですが、

時間に余裕がなく、

問合せフォームを使ってメール連絡してから外出しました。

 

用を済ませて、その帰り道の電車の中で

証券からの回答を読んだのですが、

「入金の確認が取れない」とあり、

入金明細のページの見方が記載されていました。

明細ページを見て資金が無いから問合せているのに!

お金が消えてしまった…。

 

至急電車内で銀行に問合せました。

電話をするのははばかられたので、

担当オペレーターとのチャットサービスを利用。

すると「出金と表示されている以上、出金されている。」

エラー処理は時間がかかるので、

翌日まで待て、と言われました。

そこで引き下がったものの、結局証券口座に反映されず。

 

すぐ証券に電話を入れたかったのですが、

平日に休みが取れず、

コールセンターの営業時間に連絡ができない。

土日は営業していないしで、

やっとの平日休みに証券へ電話で問合せました。

昼ごろ事情を話しても解決せず、

夕方折り返してもらいましたが、

やはり、確認ができないと。

銀行にも再度問合せフォームで連絡。

 

ここまで資金が消えてから5日。

コールセンターの営業時間に通話できず、

次に直接話せたのは資金消失から12日後でした。

証券から電話をもらったのですが、

「入金の確認は取れない」と。

ここで、私が銀行のネット通帳のスクリーンショットのメール添付を申し入れ、

確実に2度出金されている事実をスクショし送付しました。

これでようやく、

「不明入金されていた資金がありました。すぐに口座に反映できます」と。

スクショで何が分かったのか謎ですが、一気に解決。

 

長々と書きましたが、

このキャッシュレス時代に信じられない落とし穴。

まさか資金が消えるなんて。

自分には大金だったので、食欲が失せるくらい心配しました。

 

自分なりの今後の対策

1.証券の即時入金サービスは使わず、

銀行振込入金を使う。

手数料がかかるけど、資金が消えるよりいい。

2.セキュリティソフトの決済保護機能をはずす。

他の証券ですが、入金の注意事項で

「セキュリティソフトの影響で通信が切断される場合もあります。」

と記載されているところもあり、

他でも発生している事例なのかと。

 

雑感

今回銀行と証券とやり取りしましたが、

銀行はぞんざい。

電話対応にはイライラさせられたし、

質問フォームで問合せていたのに、未だに回答はない。

一方証券は真摯な対応で見事でした。

「責任を持ってお調べします」

「ご迷惑をおかけしております」

 

結局資金は証券で不明となっていたわけですが、

責める気持ちもおこらず、

この証券は今後も利用していこうと思います。

銀行の方は、クレジットカードやら電子マネー、

グループのサービス一切合切やめたい気持ち。

信頼できないので、縁を切ろうと思う。

 

銀行も証券も、当初は私の勘違いではないかと思ったみたい。

事実を話しているので、

金融機関で直接やり取りしてくれ、と頼んだが

直接は無理だそうだ。

今回は解決したから良かったけど、

途中いくら事例をググっても見つからなかった。

こうして記録することで

同じような目に合う人が減りますよう書き残しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました