過敏性腸症候群(IBS)?遅延型アレルギー検査受けてみた。

健康

中年となった最近まで、お腹をくだすことが多くて困っていました。

幼少期はそういったことはなく、始まりは大学受験か。

その後もちょっとした心配事が続き、頻繁にお腹をくだすようになった。

社会人になってからも、

毎朝、通勤途中でお腹が痛くなるんじゃないかと不安だったし、

会社の最寄駅でトイレの行列に並ぶのは常。

 

お腹をくだすと、大事な栄養分が体に蓄えられないのか、

疲れやすいし、爪、髪などボロボロ。

 

一度診察を受けたが、

その時の診断は「過敏性腸症候群」(IBS)。

あまり考えすぎないように、

と整腸剤をいただいたと思う。

確かにこの頃も仕事の人間関係などで

 

クヨクヨ思い悩むことが多かったから、

神経性のものなのだと納得し、諦めていた。

 

 

 

それから時は過ぎ、退職し、

結婚して子どもを持って専業主婦していても、お腹は弱いまま。

日々細かなストレスはあれど、基本のんびりした生活なのになんでだろう。

特に夏場がダメ。お腹がゆるいと体力を奪われて毎年夏バテ。

 

なんとか治したくて、本を探したり、ネット検索したり。

「FODMAP」という発酵性の糖類がNGな体質があると知ったのだけど

私はあてはまらないみたい。

そうして見つけたのが、遅延型アレルギー。

すぐアレルギー反応が出るのが即時型。

遅延型は抗体接種後、アレルギー反応が出るまでに数時間かかるもの。

 

検査キットを取り寄せれば自宅で検査ができる。

少々値が張るものだったが、これで分かるならと購入。

検査は指先に針を刺して台紙に血液を吸わせるのだが、

この作業が怖くて。

意を決して針を刺したら、これが全然痛くなかったので拍子抜け。

個人差があるようだが、指先を充分温めてからやると血液が出やすい。

 

検体を送付してから10日ほどで、結果が送られてきた。

まったく予想していなかったのだけど、

乳製品の反応クラスが高かった。

 

 

 

 

 

乳製品、大好き。

特に夏場はアイスラテが好きで水のように飲んでいたから、

夏場にお腹が弱くなるのも合点がいった。

ヨーグルトもお腹にいいと思って日々食べていたのに。

特にホエイ(乳清)の値が悪かったのには驚くしかなかった。

 

結果をふまえて、即乳製品をカット。

牛乳、ヨーグルトは豆乳や豆乳グルトに置き換え。

アイスラテはアイスコーヒー+豆乳。

 

しばらく気を付けていたら、

お腹快調。

今まで神経的なものだとばかり思っていたけど、

実はそうじゃなかったのね。

 

乳製品を含むもの(チョコレートや飴など)はたまに食べているが、

大量に摂らなければ平気みたい。

最近では爪や髪が元気になってきた気がする。

 

調べてみてよかった、

遅延型アレルギー検査には賛否両論あるようですが、

私はよりよい生活が送れるようになりましたよ。

 

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

新品価格
¥32,340から
(2020/2/23 23:24時点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました