東京都新宿区にある穴八幡宮へ金運upのお守りをいただきに行ってきました。

日常

東京都新宿区西早稲田にある、「穴八幡宮」。
こちらで金運upの『一陽来復御守』を買ってきました。2回目になります。

冬至から節分まで領けてくださるこのお守り、
大人気で買うときは長蛇の列。去年も並びました。

1/27(月)に買いに行った知り合いは、「空いていた」と言っていたので、
平日に行く方がよさそうです。

社務所で御守をいただいてから、お参り。

ですが、2/1(土)の今日でも
販売の窓口が多く用意されていたこともあり流れはスムーズ。
20分ほど待って手に入れることができました。
そのあと、お参りの列の最後尾に並んで、10分ほどでお参りできました。

こちら『一陽来復御守』を家の壁に貼れば、この1年商売繁盛、金運upがかなう。
ですが、ただ貼ればいいのではなく、細かな決まりがあるのです。

貼る時間は冬至、大晦日、節分の3日の内のどれか、夜中の12時。
ちょうど12時、日付が変わる瞬間を狙って恵方に向かうようにして貼らなきゃダメ。
去年は眠気と闘いながら深夜12時を待ったっけ。
今年も正確な時計を見ながら貼らなければ。

壁に直接貼らず、台紙に貼ってから壁に貼りたい場合、
台紙のみを壁に貼ってから、お守りを12時に貼ること。

前もって台紙に貼ると、それが貼った時間になってしまうので、お間違えのないよう。
そして、剥がれることがないように気を付けてください。
せっかくの御利益をいただけないことになると困りますので、
しっかり慎重に貼りましょう。

さて、去年決まりを守って貼った『一陽来復御守』。
我が家の金運はどうだったかと言うと…
大きな出費も無く、収入も安定しておりました。
大金が舞い込む、などの派手な幸運はなかったものの、
平穏であったことを感謝したいと思います。

今年は私、仕事を替えたいと思っているので、
収入upにつながるといいなあ。
経済的安定を祈りつつ、節分の夜は寝過ごすことのないよう
しっかり貼りたいと思います。

<追記>
節分の夜、睡魔に負けず貼りました。脚立に上って、カウントダウン。
0時0分0秒、それ貼れ!貼った!
大仕事を終えてすぐさま寝た。これでこの1年が安心できる~と安眠。

コメント

  1. […] 西早稲田にある穴八幡宮へ行った帰り道、新大久保のコリアンタウンへ。韓国グルメの店が多く並んでいて、話には聞いていましたが、物凄い賑わい。 […]

タイトルとURLをコピーしました