再度のおウチ時間にAmazon unlimited。武田友紀著『「繊細さん」の本』

読書

感染症による緊急事態宣言で、職場も休業。

去年同様、今年も人生の夏休みをいただいております。

せっかくだからブログを書き溜めようと思ったのに、

時間がたくさんある状況って

人をノン気にさせますね。ダラダラ。

時間があるのだから、と本読み放題の

Amazon unlimitedに登録しました。

私が気になっていた本も入っていたし。

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

武田友紀著『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』

「繊細さん」の本 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる [ 武田友紀 ]


感想(93件)

 

読書感想系YouTuberさん達による

レビュー動画はいくつか観ていたし、

なんなら、本屋でざっと立ち読みもした。

内容は知ったつもりでいたけど、

実際読むと、よりしっくりきた。

いや~、本ってじっくり読むべきなんですね。(当たり前)

 

この本きっかけなのか、

一時期、細かなことが気に掛かるヒト

「繊細さん」=HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は

テレビでも取り上げられたりで、

一気にクローズアップされました。

 

私はネットのHSP診断で

自分がHSPなのだと自覚したのですが、

今回こちらの本のHSPの事例をみて、

自分のあてはまり度合いにさらに驚きました。

自分のこと見てる、もしかして?

ってくらいドンピシャ。

人の機嫌を察知するセンサーが強い。

のところとか。

 

職場でピリピリしている人がいると

不安になり落ち着かない。

先日、職場の若い男性がミスをして苛立ち、

大声で「ああ~!」と

声を発していたのだけど、

その声にちょっと恐怖を感じてしまった。

周囲の同僚は、あきれ顔で

スルーしているのに。

 

突然の大声がダメ。

お客様対応の同僚が、

裏方の私にまでお客さん用のボリューム

(繁盛時は大声)で話したときは、

一語一語に体がビクっとなったわ。

 

繊細さんは五感が敏感だが、

私は特に聴覚が弱い。

 

本書から得た気づき。

HSP(繊細さん)は、

自分に正直に、好きなことをして暮らしましょう。って。

嫌いなことはキライでいい、と。

素の自分を出せば出すほど、自分に合う人が集まってラクになる

なぜ分かってくれないのか?

と理解できず、病んでいたなあ。

HSPではない「非・繊細さん」は

伝えないと分からないのが普通。

 

最近は言葉数を増やすようにしています。

気になるところはお願いして、

感謝をきちんと伝え、

注意をするときは理由も伝える。

ていねいに話す。

 

繊細さんの良いところも自覚できるようになりました。

芸術に関する感動が大きいところとか。

例えば、娘と同じモノを見ても、温度差がすごい。

 

私は感情が天井を破りそうなのに、

娘は?

楽しんでいるのか分からず、

心配になるくらい。

 

クールな娘は「非・繊細さん」なんだなぁ。

同じ感覚を共有できないのは物足りないけど、

繊細さんのシンドさを感じずに生きられる娘はハッピーだわ。

 

感動しやすいタチの私は、

こうして文章にすることでよりハッピーに。

 

春の風で木々が揺れていると、

「話しかけられている感」を感じたり。

まだ雪化粧の富士山を見て、

「守られている感」を感じたり。

変わり者?

そういう感覚が持てることが豊かだと思うので、

良しとしておきます。

 

ただ、楽しいことばかりで暮らせたらいいけど、

現実そうはいかないよね。

人に迷惑にならない程度に

不快なモノをなるべく遠ざける。

対処法を知っているだけで強くなれます。

 

緊急事態宣言も延長で、

仕事復帰もまた先になりました。

不安にもなりますが、

この自由時間は色々感じ、

発信するいい機会かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました