新型コロナウイルスの影響で卒業式が短縮されます。

日常

我が家は子どもが4人いまして、末っ子が今月小学校を卒業します。

入学式や卒業式の参列は何度してきただろう。正直なところ通過点。

こんなこと言えませんけどね。

もちろん、わが子の成長や門出は嬉しく思っていますが、

寒い体育館の中で、来賓や校長のありきたりな祝辞…

なんだか面倒だなあ、なんて、ね。

 

そこに今回の新型コロナウイルスでの休校。

3月上旬に予定していた、

保護者が企画する「卒業を祝う会」も中止になりました。

1時間程度のささやかな会ですが、

子ども達と先生と保護者で、ゲームをしたりスライドを見たり。

そのために担当の母たちは集まったり、

LINEで相談したりと時間を割いてきたんです。

 

それが中止。

そうなると、行事ってダルいなあ~、と内心思っていたブラックな母、

私も何かをぽっかりと失ったような気持ちになってきました。

 

今回は娘の希望で、卒服も好きなメーカーのものを揃えました。

クラスには袴を着る子がいるとか。

よそ様がそれほどまでに気合入れてるなら、

我が家もちょっとはキチンとするか~、と。

それなのに、卒業式がなくなるかも…?

 

卒業式自体があるかどうかの不安な時期を経て、

超短縮で行われることになりました。

歌も呼びかけもない、証書授与のみの卒業式。

でも、最後にクラスのみんなが集まって

さよならが言えるのは良かった。

 

日常って面倒だけど、失うと寂しいものなんですね。

と感傷的になった今回。

もっと日々を大切にするべきだなーとしみじみ思った次第です。

中学校の入学式は、予定通り開催されますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました